大地の声を聴く人 井上正文さん

更新日:2020年3月13日


2019年春まで神奈川県の山北町で町議としても活躍し、現在は「NPO共和のもり」理事長としても地域のために全力の日々を送る井上正文さん。

若い頃の話を聞けば「スチールギターってのがあってよ~、弦が一本切れたところで、全然へっちゃらで演奏できちゃったもんさ」と懐かしそうな笑顔。「学ぶ・考える・実践する」の3拍子そろった勉強熱心な行動派で、問題意識を持ちながら何事にも真剣に打ち込む鉄道マン。


これは井上正文さんが、結婚を機にお茶を作りを手伝い始めたころから現在までの、地域とお茶への想いのこもったストーリー。



地域活性のため、創意工夫し農業に取り組む

正文さんの暮らす山北町共和地区は、森林が95%以上を占めています。山の斜面を上り下りしながらの作業の大変さから、加齢にともない農業や林業をやめていく人も多く、後を継ぎたい若者も少ない状況です。


地域人口の減少とともに、耕作放棄地が増えていく。人が手入れをやめたとたんにその土地は荒れて藪と化し、イノシシの住処になっていく。イノシシが民家のそばに住